会長あいさつ

港区卓球連盟佐々木修会長

会長就任あいさつ

 この度、三浦正英前会長の後任として会長に就任しました佐々木修です。

 三浦前会長は平成8年から実に23年間、港区に根差した卓球の普及と底辺拡大、そして自らも港区の実業団強豪チーム「サンリツ」を率い、競技力向上に先頭となりご奮闘頂きました。

 前会長の精神を受け継ぎ、明るく開かれた活気ある連盟運営に微力を尽くす覚悟でございますので、三浦正英前会長同様、格別のご支援ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 ところで、現在我が国は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い さまざまな社会活動が自粛され、当連盟におきましてもスポーツセンターの休館等により当初計画した諸行事が軒並み中止となるなど、残念の極みであります。一日も早く社会活動の自粛が解除され、再び会員皆さん方が練習や大会等を通じ良い汗を流し、歓声がこだまするスポーツセンターが戻ってくることを祈念するのみであります。

 

 さて当連盟は、昭和29年の発足以来、多くの役員の方々や卓球を愛する会員の熱意と支えがあり活動を続けることができておりますことに、会員の皆様には心より感謝申し上げます。

 連盟の役割は数多くありますが、一つは会員の皆様に質の高い卓球ができる環境や行事を提供していくこと、二つ目が卓球教室や講習会等に、年齢を問わず初心者や初級者への声掛けを行っていくことにより、会員の拡大と底辺の拡大を図ること、三つ目がこれらの運営を支える人材を育成してゆくことが連盟の使命であると考えます。

 現在連盟は、900名を超える会員の方々がおられますが、会員皆さんが「少しでも強くなり勝ちたい」「生涯スポーツとして卓球をやりたい」「卓球仲間と楽しくやりたい」等々それぞれの方が感じておられることは別かもしれませんが、連盟を通じて少しでもそれらが実現できるよう頑張ってまいります。

 最後になりましたが、会員の皆様と連携、絆を大切にしながら、気軽に意見が言える雰囲気、一致団結して取り組む、このチームワークを大切に今後の事業全体を成功させるよう、会員の皆様のご協力を頂き、役員一同誠心誠意、努力してまいります。

宜しくお願い申し上げまして、会長就任のご挨拶とさせて頂きます。

令和2年5月

港区卓球連盟  会長 佐々木 修


連盟の概要及び役員

概要

 港区在住・在勤者等で構成されたチーム及び個人をもって構成された団体で、登録会員等による試合の実施、練習会等を通じた技術向上及び親睦を主たる目的とする。

設立年月日

 昭和29年4月1日

体協加盟年月日

 昭和40年4月1日


組織図


令和2・3年度 連盟役員一覧

役 職 氏  名
名誉会長 三浦 正英(サンリツ)
会 長 佐々木 修(東京税関)
副会長 横須賀成良(東友会)
副会長 山崎 通子(あじさいパール)
理事長 福島 友子(あじさいパール)
副理事長 水原 隆仁(好卓会)
理 事 岩満美千代(さつき)
理 事 古田 京子(卓進会)
理 事 高橋 喜治(ベニレイ)
理 事 富永 忠男(STC)
理 事 尻無 賢太(ベニレイ)
理 事 長谷川あやか(BEANS)
理 事 阿部 涼子(NTT同好会)
理 事 中里 宣夫(港区杉卓会)
理事(会計) 西宮 澄子(さつき)
理事(会計) 柿木 千尋(芝浦SG)
会計監査 芝崎 賢次(港区杉卓会)
会計監査 田畑 美香(好卓会)
相談役 渡邉 建一
顧 問 満留 藤江(卓進会)
顧 問 和田 紀夫(アクティブ)
運営委員 浅野 勝之(NTT)
運営委員 鈴木 平一(オーシャンクラブ)
運営委員 木村 清二(東京税関)
運営委員 木村  清(NTT)

歴代会長

 ( )内は就任当時の所属

名前 任期
初代 山田孝雄(都議会議員) 昭和29年4月 昭和40年3月
2代 平山羊介(都議会議員) 昭和40年4月 昭和57年3月
3代 伊藤英司(都議会議員) 昭和57年4月 平成8年3月
4代 三浦正英(㈱サンリツ代表取締役) 平成8年4月 令和2年3月
5代 佐々木修(東京税関) 令和2年4月 現在

歴代副会長

 ( )内は就任当時の所属

名前 任期
初代 長谷川喜代太郎(簡易保険局) 昭和29年4月 昭和30年3月
2代 中村要蔵(㈱中杉) 昭和48年4月 平成7年4月
3代 伊東宏(沖電気工業㈱) 平成5年4月 平成27年1月
4代 横須賀成良(簡易保険局) 平成14年4月 現在
5代 佐々木修(東京税関) 平成26年4月 令和2年3月
6代 山崎通子(あじさいパール) 令和2年4月 現在

歴代理事長

 ( )内は就任当時の所属

名前 任期
初代 中村要蔵(㈱中杉) 昭和29年4月 昭和48年3月
2代 伊東宏(沖電気工業㈱) 昭和48年4月 平成元年3月
3代 横須賀成良(簡易保険局) 平成元年4月 平成14年3月
4代 佐々木修(東京税関) 平成14年4月 平成26年3月
5代 福島友子(あじさいパール) 平成26年4月 現在

過去の会員数と登録団体数の推移

年度  登録人員  団体数 
令和元年度 943名 88団体
平成30年度 929名 87団体
平成29年度 871名 86団体
平成28年度 809名 83団体
平成27年度 791名 80団体
平成26年度 779名 81団体
平成25年度 686名 71団体
平成24年度 682名 71団体
平成23年度 657名 69団体
平成22年度 619名 68団体
平成21年度 602名 62団体
平成20年度 550名 57団体
平成19年度 543名 57団体
平成18年度 547名 60団体
平成17年度 529名 59団体
平成16年度 471名 50団体
平成15年度 423名 42団体
平成14年度 417名 40団体
平成13年度 413名 41団体
平成12年度 405名 40団体
港区卓球連盟ロゴマーク

登録推移グラフ

グラフ1
フラフ2